医師のバイトは不足している開業資金を補える方法

求人サイトにはバイト専門の項目があります

常勤医師の報酬よりもアルバイト医師の報酬が高く設定されていることを不思議に感じる人もいるでしょう。実際に医師の世界では、臨時雇用の方が常勤よりも報酬額が高い傾向にあります。なぜなら、突然勤務したとしても機材の違いや環境の違いから力を発揮出来ない人がいるので、全ての医師がアルバイトとして働けるわけではありません。開業医を目指している人がアルバイトを行って稼いでいるケースが多いので、常勤医よりも腕が上だったりすることも珍しくないのですよ。

アルバイトの方が稼げる現実

常勤医の求人がある程度の金額で落ち着いている理由として、高額報酬の常勤医は完全能力制のために非公開求人となっているからです。アルバイト医師の報酬が本来の医師報酬と見ることが出来ます。スポット医師の報酬が特に高い理由として、その日だけ対応することが出来る医師は、常勤医として高い能力を持っているからです。病院側から見ると、普段は呼べない医師をスポット医としてなら勤務してもらえるメリットがあります。緊急に必要だからという理由で高額報酬としている例もありますが、全体から見ると半数に過ぎないでしょう。

スポット勤務を狙う人もいます

総合病院に勤務している医師の中には、勤務日数を週3日または4日として残りの休日をスポット医師としてアルバイト勤務に充てている人がいます。最も高報酬かつ必要とされているので、常勤医として働いている時よりも生き生きとした姿を見せている医師すらいるのですよ。開業資金を貯めるためには、同じ勤務日数でいかに多くの報酬を得るかが重要です。専門医の分野以外に開業時に診療科目として加えたい科目でスポットバイトしている医師もいるでしょう。

医師のバイトはある一定の医療機関に勤務するのではなく一日、一週間といった短期間働くことです。賃金は時給、日給制です。